古絵葉書・有馬ラヂューム温泉場

有馬温泉1

関西で有名な温泉地の一つ、有馬温泉にかつてあった洋風浴場です。
温泉地といえば、今では和風旅館と浴衣という日本的なイメージ
がありますが、明治以降、外国人や欧風化を目指した財界人の
保養地となった各地の温泉地は、外国人に合わせたのと洋風的な
物を目指したため、別荘や浴場はこのような洋風の建物を建てることが
結構ありました。戦前まではその傾向が強かったようですね。
この浴場も地中海風というか、南欧風というか、
そんな感じのデザインをしています。
有馬温泉2

内部の浴室です。当然のことながら洋風のデザインです。
ところで、ラヂュームというのは「ラジウム」のことでしょうが、
今でもラジウム温泉ってありますよね?中々効きそうな温泉です。

この、ラヂューム温泉場は大正4年に駅近くに開業したそうですが、
昭和13年、阪神大水害により、建物は流失したそうです。
スポンサーサイト

コメント

 ラヂウム温泉の外観写真は、これまでも紹介されていますが、内部の写真は貴重ですね。
 この建物、神戸(設楽)建築工務所の設計です。内部の装飾もセセッション全開!ですごいですね。
 今、これが有馬にあったら、と考えると阪神大水害が恨めしいです(でも高度成長期に飽きられて朽ちていたかもしれませんね)。
  • [2008/02/11 00:42]
  • URL |
  • ドクターフランキー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ドクターフランキーさん
これはセット絵葉書の可能性があります。他にも内部写真の絵葉書があったかも。
こんな温泉なら入ってて楽しいでしょうねぇ。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>