古絵葉書・戦艦 香取

戦艦 香取

明治39年にイギリス・ビッカース社で完成した戦艦。
明治・大正期は大型艦艇は工業先進国のイギリスなどから
輸入していたわけです。ちなみに、日本海海戦で連合艦隊旗艦として
奮闘し、現在横須賀に保存されている「三笠」
ビッカース社製です。
香取は竣工後、御召艦やシベリア出兵など数々の任務に
に参加したあと、大正12年にワシントン軍縮会議に基づき
除籍・廃艦されました。

ところで、この艦や前回紹介した対馬の艦首が、今の艦船と違い
下のほうが出っ張るような造りになってます。
これは、艦首の水線下に角のような大きく突き出した突起物を
つけているためで、これを、「衝角」(ラム)と言いいます。
まだ、大砲の射程が短かったころに艦同士の接近戦で相手の
船体に突っ込んで穴をあけるための武装でした。
大砲の性能が上がり、射程が長くなると、衝角も廃止されました。

データ
基準排水量・15.950t
全長:128.0m
全幅:23.8m
最大速力:18.5kt

武装
45口径30.5㎝連装砲2基
45口径25㎝単装砲4基
45口径15㎝単装砲12基
40口径7.5㎝単装砲16基
47㎜単装砲3基
45㎝魚雷発射管5門

起工・明治37年 竣工・明治39年
スポンサーサイト

コメント

ラムだっちゃ。

カッコイイ!!!!
こういうの好きだなぁ。

>>まこと氏
古い時代のものって、艦船でも機関車でも車でもゴテゴテしていてカッコいいですよね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>