古写真・長崎病院

長崎病院001
写真の右側に「長崎病院」と記述のある古写真です。
恐らく、現在の長崎大学病院の前身の長崎病院かと思われます。
長崎大学病院の始まりは幕末の安政4年の医学伝習所まで遡ります。
明治に入り管轄が幕府から長崎県へと移行したのに伴い、長崎県医学校と改称。
長崎病院という名称になったのは、明治8年からでした。
以後、大正11年に長崎医学専門学校附属医院と改称されるまで長崎病院の名称で使われました。
写真の詳しい撮影時期は不明ですが、背後の風景から浦上地区のように思われます。
長崎病院は明治35年に浦上地区へ移転しており、もし浦上地区移転後の撮影であれば、
この写真は明治35年以降の明治後期ごろの撮影となります。
浦上地区は原爆で甚大な被害を被り、当病院も壊滅的被害を受けました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/594-fbd019d9

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>