古絵葉書・舞鶴練習部 長田野 野外応用教練

長田野017
海軍の下士官や新兵を教育する練習部による陸戦の演習の模様を紹介した絵葉書です。
この舞鶴練習部は元は舞鶴海兵団でしたが、大正12年のワシントン海軍軍縮会議で
舞鶴鎮守府が舞鶴要港部に降格したのに伴い、舞鶴海兵団も舞鶴練習部へと降格しました。
演習場所は長田野という京都府福知山市にある場所で、戦前は福知山に駐屯していた
陸軍歩兵第20連隊の演習場でした。
京都府北部では最大規模の演習場だったので、海軍も借用して使用したのでしょうか。
長田野018
こちらは鉄道で到着した練習部の兵士たち。客車から次々と降りる様子が撮影されています。
長田野には鉄道は乗り入れてませんので、福知山駅ではないかと思われます。
写っている客車は三等車で、「ナハ24880」という車両番号が見えます。
調べてみましたところ、大正8年から昭和2年にかけて製造された、国鉄22000系客車
のようですが、三等車はナハ24400形・ナハ21950形・ナハ23950形の3種で、
ナハ24800形というのは無いようです。
何かご存知の方は教えていただけたらと思います。

※関連記事
古絵葉書・舞鶴練習部全景
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/619-d786602f

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>