古写真・信夫橋(3代目)

信夫橋002
信夫橋は福島市にある橋で、阿武隈川支流の荒川にかかる橋です。
初代の橋は明治6年に架けられた木橋でしたが、明治16年の豪雨により崩壊、
明治18年に13連の石橋に架けかえられました。
13連の石橋は十三連眼鏡橋として観光名所にもなりましたが、明治24年に再び崩壊。
明治30年に木鉄混用のトラス橋として再び架けかえられたのがこの写真の橋です。
トラスの正面上部に「信夫橋」の額が掲げられています。
現在の信夫橋は昭和7年に架けられた4代目となります。

この古写真の信夫橋の撮影時期は、明治30年代から明治末期ごろでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/622-ec3c2373

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>