古写真・陸軍教導団

教導団003
分かりづらいですが、建物の門に「陸軍教導団」と書かれた看板が掲げられています。
教導団006
看板部分を拡大したもの。
陸軍教導団とは、明治4年から明治32年まで置かれた旧陸軍の下士官養成学校です。
元は大阪兵学寮に置かれた教導隊を前身とし、明治4年に兵学寮を離れて教導団と改称し、
東京に置かれました。
教導団001
「教導団砲兵生徒隊」という看板が掲げられています。
ここの施設は砲兵を育成した施設のようです。
陸軍教導団には歩兵科・ 騎兵科・ 砲兵科・ 工兵科・ 輜重兵科の各兵科が置かれ、
そこでそれぞれの分野の教育が行われました。
各兵科の修業期間は1年4ヶ月から1年8ヶ月かかりましたが、その期間一切の休暇や帰郷を許されない
厳しいものでした。
卒業者は2等軍曹に任命され各部隊に配属されました。
教導団002
こちらも分かりづらいですが、「教導団」という文字は読み取れます。
教導団004
こちらは陸軍教導団の全景と思われます。

陸軍教導団は明治32年に廃止され、その後は各部隊で下士官の養成が行われましたが、
下士官の質を向上するため昭和2年に仙台・豊橋・熊本に歩兵科の下士官のみを育成する
陸軍教導学校が設立されました。

※関連記事 仙台陸軍教導学校
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/626-8b3791dc

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>