古写真・航空母艦 鳳翔

航空母艦 鳳翔
航空母艦 鳳翔は、日本海軍初の記念すべき航空母艦であり、世界的に見ても最初から空母として設計された
空母としては世界初の艦でもありました。

航空機の発明と発達により航空機の軍事運用が注目される中、
洋上の航空基地としての性格を持つ艦が構想されました。
すでにイギリスでは既存の艦を改装した航空母艦はありましたが、日本海軍は最初から空母として設計された
艦の建造を決定。大正8年浅野造船所にて起工。イギリス側の協力も得て大正11年に完成しました。
黎明期の航空母艦はまだ運用方法が手探り状態で、飛行甲板も先端は艦首に合わせた形をしており、
航空機燃料に至っては専用のタンクが装備されておらず、なんとドラム缶につめて艦内に保管するという
極めて危険な状態でした。
竣工当初は艦の右側にアイランド式艦橋がありその後の発展した空母と同じ艦形でしたが、
元々空母としては小型だった鳳翔にはその艦橋が航空機運用にとって障害となり、
大正13年の改装で撤去され、フルフラットの軽空母となりました。
この写真の鳳翔はアイランド艦橋を撤去されているので、大正13年以降の撮影とわかり、
また、先の記事の水上機母艦 神威の古写真と同じ時期に作られたものと思われることから
昭和9年以降の撮影ではと思われます。

鳳翔は第1次上海事変や日中戦争に参加し、太平洋戦争でもミッドウェー海戦にも参加はしましたが、
交戦はなくその後は内地にて練習用の空母として使用され終戦。昭和22年に解体されました。
鳳翔は日本海軍が所有した空母のうち唯一無傷で終戦を迎えた空母でした。

※データ(竣工時)

常備排水量:9,449t 
全長:166.0m
全幅:22.7m
武装:50口径14㎝単装砲4基、40口径8㎝単装高角砲2基、
航空機15機(艦上戦闘機6機 艦上攻撃機9機) 補助機6機
最大速力:25.0kt
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/632-12552910

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>