古写真・航空母艦 龍驤

航空母艦 龍驤
航空母艦 龍驤は昭和4年に横浜船渠にて起工され、昭和8年に竣工しました。
当時ワシントン海軍軍縮条約により艦艇の保有枠を設けられた日本は、
まだ補助艦艇扱いだった航空母艦にも総数8万トンという制限が付けられました。
日本海軍は戦艦として建造中だった赤城・加賀を空母へと改装することで戦艦の保有枠を削りましたが、
それによって空母の保有枠分の残りが少なくなったため、条約外だった1万トン未満の
航空母艦を建造する計画をたてました。龍驤はそれによって誕生した空母でした。

しかし建造中に締結されたロンドン海軍軍縮条約により1万トン未満の航空母艦の建造も制限を受けたため、
小型の空母を作るメリットが無くなり、建造中の龍驤にさらなる能力向上を要求。
航空機搭載数を増加させるため格納庫を船体一杯に広げさらに格納庫を2段にしました。
そのため、排水量は1万トンを超えることになります。
しかし船体自体はすでに完成しており、写真のようなかなりのトップヘビーな艦影となりました。
当然重心バランスが悪く舷側にパルジを追加するなどの処置がとられましたが、それでも不十分なため
さらには重油タンクをパルジ内に設け安定を図りました。

龍驤はしばらく練習空母として使用されていた時期もありましたが、太平洋戦争開戦と共に戦闘に参加。
数々の開戦に参加しましたが、昭和17年の第2次ソロモン海戦にて米軍の艦載機の攻撃を受け沈没しました。

※データ
公試排水量:10,150t
全長:180.0m
全幅20.32m
武装: 40口径12.7㎝連装高角砲6基、13㎜4連装機銃6基、
航空機36機(艦上戦闘機12機 艦上攻撃機24機)+補用12機
最大速力:29.0kt
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/633-53cacef4

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>