古絵葉書・産業組合中央会館絵葉書

産業中央会館001
東京麹町に建てられたビルで、昭和14年に建設されました。
設計は、産業組合中央会臨時建築部。施工は清水組です。
産業組合中央会館は、明治33年に公布された産業組合法によって設立された協同組合である
産業組合の中央機関として建てられたもので、産業組合は現在の農協や信仰金庫、生協の母体となった機関です。
産業中央会館002
外観。昭和10年代らしいモダニズムの大型建築物で、6階部分の軒回りとそれより上の塔屋部分に
装飾を施しています。
産業中央会館003
講堂内部。ほとんど装飾のないまさにモダニズムといったデザインです。
産業中央会館004
事務室内部。こちらも装飾らしい装飾はありません。
昭和初期から10年代にかけて建てられた鉄筋コンクリート造の公共建築にも見られます。

産業組合中央会館には、この絵葉書とは別に建築工事概要の冊子が付属していました。
別記事にて紹介しますので、そちらも合わせてご覧ください。

※関連記事 古書籍・産業組合中央会館建築工事概要
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/637-1c9e9166

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>