古絵葉書・新舞鶴町役場(現・東舞鶴)

新舞鶴町役場001
現在の舞鶴市は主に城下町の西舞鶴と軍港の東舞鶴という異なる経緯の地区で
構成されています。
現在舞鶴市の中心的役割の東舞鶴地区は明治34年の舞鶴鎮守府開庁に伴い
成立した新しい街でした。
昭和13年に周辺の村落地区を編入し東舞鶴市が成立。
しかし、昭和18年に海軍からの要請により旧舞鶴市(現・西舞鶴地区)と対等合併。
現在の舞鶴市が成立しました。

この絵葉書は新舞鶴町役場と書かれており、昭和13年以前のものと分かります。
絵葉書の新舞鶴町役場は昭和10年に完成したもの。東舞鶴市制移行後も
市庁舎として使用されました。

新舞鶴町役場と一緒に取り上げられている旅館白糸は現在も営業されている
明治13年創業の老舗旅館です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/652-9e14096d

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>