古絵葉書・福知山町植村長太郎繭問屋 若田圓太郎生糸問屋

福知山繭問屋002
福知山繭問屋001
福知山市は古くから由良川の水害の影響を受け続けたため、
水害の被害に強い桑を育てて蚕を飼う養蚕業が盛んでした。
明治時代には隣町の綾部市に郡是製糸工場が作られ、福知山にも製糸工場が多く作られました。
この繭問屋はそれらの製糸会社に繭を卸す問屋だったと思われます。
この絵葉書は昭和初期~昭和10年代のものと思われる様式になってますが、
福知山市は昭和12年4月に町制から市制に移行しましたので、
昭和12年4月以前の昭和期の絵葉書と思われます。
また、この2枚の絵葉書は元々いくつかのセットのうちの2枚だった可能性があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/658-0d7ef586

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>