古写真・新舞鶴市街地

舞鶴市街

この写真に題字は付いていませんが、当時の東舞鶴の呼び方を
使い、このタイトルにしました。現在の東舞鶴は、城下町として
古くから発展した西舞鶴と違い、それまで漁村だった場所に
海軍の舞鶴鎮守府設立により整備・発展した新しい街です。
現在は、こちらの東舞鶴に市役所などの官公庁や
海上自衛隊の地方総監部、護衛艦の停泊する自衛隊桟橋が集り、
市の中枢となってますね。

この写真には中央に水兵さんが写ってます。道も中々しっかり整備され、
自転車やリアカーも確認できます。
写真には、撮影日時の「昭和九年六月廿八日」の文字が入っています。

ちなみに東舞鶴は、最初から軍港として整備された街ですので、
道路は碁盤の目のようになっており、その通りには、明治期の
戦艦・巡洋艦を初めとした艦艇の名前が付けられています。

付けられている艦名の通りは以下のとおり。

八重山通り・冨士通り・八島通り・敷島通り・朝日通り・初瀬通り
三笠通り・千早通り・吾妻通り・浪速通り・松島通り・橋立通り・厳島通り
磐手通り・出雲通り・千歳通り・宮古通り・曙通り・高砂通り・高千穂通り
比叡通り・筑波通り・明石通り・須磨通り・秋津州通り・千代田通り・八雲通り・葛城通り和泉通り・大和通り・武蔵通り
*通り名の「大和・武蔵」は有名な戦艦大和・武蔵ではなく、明治の初代海防艦のことです。
スポンサーサイト

コメント

仕事の超繁忙期が終わり、やっとこれました。

おつかれさまです。

私も出張から帰ってこれました。
明日、午前中が空くので、蚤の市で
あさってくるつもりです。

最近、寒い中、早起きする元気がなくなっちゃいました。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>