古写真・海軍省(築地時代の初代庁舎)

初代海軍省001
海軍省と言えば霞が関の赤煉瓦庁舎が有名ですが、霞が関のほうは2代目でそれまでは築地にありました。
海軍省は明治4年に築地の旧尾張藩邸に設立され、旧藩邸庭園の築山に旗を立てたことから、
旗山と呼ばれていました。
当時は海軍本省と呼ばれ、築地一帯はこの海軍省や後の海軍兵学校となる海軍兵学寮など
海軍関連の施設が建ち並んでいました。
海軍省は明治28年、霞が関にジョサイア・コンドル設計の赤煉瓦の庁舎が完成したことにより
築地から移転しました。
この古写真は築地時代の初代庁舎の写真で、擬洋風の庁舎が右側面から撮影されています。
明治初期、洋風の海軍省庁舎は珍しかったのか、錦絵にも多く描かれています。
築地の初代海軍省庁舎は明治17年頃に取り壊されました。この古写真の撮影は竣工した明治4年から取り壊された明治17年までの間の撮影となります。

※関連記事 古写真・海軍省(築地時代初代庁舎)  ※正面からのアップ写真
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/667-66b9d0d3

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>