古絵葉書・京都 沖田医院

京都 沖田病院001
京都市上京区にあった小さな個人病院の絵葉書です。謹賀新年の文字があるので、
知人等に年賀状として送られた絵葉書と思われます。
消印は昭和15年1月1日となっております。
病院の建物は煉瓦造か木造に煉瓦タイルを張ったものでしょうか。
地方病院にも良く見られるデザインですね。壁面のバットレスは擬石モルタル仕上げのようにも見えます。
沖田病院のあった場所ですが、絵葉書に具体的な住所が書かれているため場所の特定は容易です。
立命館大学が公開している昭和2年頃の京都市地図を重ねた「京都市明細図オーバーレイマップ」
を参考に調べて見ますと、
沖田医院地図
※立命館大学「京都市明細図オーバーレイマップ」より引用。画像はクリックで拡大します。
千本今出川交差点から東に向かった南側に確かに沖田病院の名前がありました。
昭和初期にはすでにこの場所に沖田病院はあったようですので、建物は大正期に建てられたものでしょうか。
建物が昭和期以降と違って様式的なデザインが使われていますし大正期の建築の特徴が表れています。
現在の沖田病院の場所はマンションになっているようです。院長さんが亡くなられた後に廃業して土地建物を
売却されたのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/668-1093d5a4

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>