古写真・京都舎密局

京都舎密局001
舎密局とは、明治初期に科学技術の研究や教育を目的として設立された公的機関で、
大阪と京都にありました。
この古写真の京都舎密局は明治3年に京都府によって設立されたもので、石鹸やガラスなどの工業製品の
製造・研究を行いました。京都舎密局には後に島津製作所を設立する島津源蔵も在籍していました。
京都舎密局は明治14年に勧業事業政策転換により廃止。その後は設立者の明石博高に払い下げられ
そのまま経営されましたが、明治17年には譲渡され京都倶楽部として使用された後
いづれかの時に建物は失われました。
この古写真は「西京名所風景」と書かれた古写真の38枚セットのうちの1つで、
台紙に「京都舎密局」と書かれていることから、明治3年から14年までに撮影されたものであるとわかります。
京都が東京に対して西の京「西京」と呼ばれていた時代のことです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/685-c21b4437

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>