古写真・丁型海防艦第8号

海防艦8号001
太平洋戦争末期、船団護衛用の艦艇として大量に建造された小型の戦時急造艦で、本来ならば各艦ごとに
艦名を付けられるところが「海第○号」と番号で呼ばれる艦でした。
丁型海防艦は昭和19年2月28日竣工の第2号をはじめとして、ほぼ1ヶ月から2ヶ月毎に竣工し、
昭和20年7月11日の第204号まで建造されました。
この古写真の第8号海防艦は昭和19年2月29日に竣工しましたが、多くの海防艦が激戦の中沈んでいったのに対し、
終戦まで生きのびて昭和22年7月にアメリカに引き渡された数少ない残存艦でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/692-ed931784

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>