古絵葉書・福知山 惇明尋常高等小学校

惇明尋常高等小学校001
福知山市にある惇明小学校は、福知山藩時代に藩校として設立された惇明館を起源とし、
明治6年に惇明小学校として開校したのが始まりです。
明治12年に新校舎が完成しましたが、明治29年の水害で倒壊。
明治36年に現在の場所に新校舎を建築しました。
1絵葉書に写る本館や校舎はその時のものと思われます。
明治40年に惇明尋常高等小学校と改称。
絵葉書には「惇明尋常高等小学校」とありますので、明治40年以降のもので、
絵葉書の様式から大正期までのものと思われます。
昭和12年、現存し国指定登録文化財に指定されている本館が完成。
そして今の惇明小学校へと至ります。
絵葉書に写る校舎は、左端が本館。中央奥が明治45年完成の東校舎。
中央に写る背の高い寄せ棟の小さな建物は奉安殿ではないでしょうか。
福知山水害の惨状001
こちらの絵葉書は以前紹介した明治29年の水害で被害を受けた初代惇明校の校舎。
この時は現在の場所とは違う内記2丁目にありました。
福知山ダンス
こちらは以前紹介した昭和10年代撮影と思われる惇明小学校の児童が校庭で踊る福知山ダンス。
右の校舎は昭和12年に建てられた本校舎でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/696-1f985871

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>