古絵葉書・長田野陸軍演習場廠舎

長田野陸軍演習場廠舎正門001
福知山市にある長田野工業団地一帯は戦前まで陸軍の演習場でした。
主に福知山に駐屯していた歩兵第20連隊が演習に使用していましたが、広大な演習地は京阪神の部隊や舞鶴の海軍も演習に利用しました。
この絵葉書は長田野演習場廠舎の正門を写したもので、手前に「陸軍」と刻まれた用地石柱があり、正門の横に歩哨の兵士が立ち、奥に廠舎が並んでいます。
長田野陸軍演習場廠舎貯水場001
長田野陸軍演習場廠舎内貯水場。
演習に来た部隊に水を供給する施設のようです。
貯水場の前に立て札がありますが、ちょっと読みづらいです。
長田野陸軍演習場廠舎は戦後一部開墾されましたが、ほとんどが荒れ地のままでした。
昭和49年、京都府北部の産業振興のため工業団地造成が開始され、現在は39社が工業団地内で稼働しています。
また、旧陸軍時代の演習場の一部は現在も陸上自衛隊の演習場として使用されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/732-b3c6291f

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>