古絵葉書・震災紀念館及紀念塔

丹後震災記念館

昭和2年3月7日、丹後地方を襲ったマグニチュード7.3の
大地震は、死者2925人を出す大災害となりました。
そのときの震災の物凄さは、天然記念物として保存されている
郷村断層により伺うことが出来ますが、その震災の悲惨さと教訓を後世に伝えるため
昭和5年に建設されたのが、この丹後震災記念館です。
現在も同じ場所に現存しており、平成16年に京都府指定文化財に指定されました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>