古絵葉書・小松電気株式会社三ツ瀬発電所竣工記念(附・苗代変電所 金平変電所)

三ツ瀬発電所001
三ツ瀬発電所は石川県白山市の大日川にあった水力発電所です。
完成当時の事業主は小松電気株式会社。明治43年開業の地元電力会社で、昭和16年に同じ地元電力会社であった日本海電気・高岡電灯・金沢電気軌道・越前電気・立山水力電気・大聖寺川水電・雄谷川電力・手取川水力電気・石川電気・出町電灯・石川電力の各社と合併し新たに北陸合同電気を設立するまで存在しました。
三ツ瀬発電所は大正7年に完成した発電所で、外観を見るに煉瓦造りの建屋だったことが分かります。
三ツ瀬発電所は昭和43年に完成した大日川ダム建設により廃止。後に三ツ瀬発電所跡地に大日川第1発電所が建設されました。
この絵葉書は三ツ瀬発電所の完成を記念して発行された絵葉書セットで手元にあるのは5枚ですが、当初は外袋もあり枚数ももう少しあったのかもしれません。
今回はその5枚を紹介します。残りの4枚は「続きを読む」からご覧ください。
三ツ瀬発電所002
三ツ瀬発電所内部。大きな発電機が置かれています。発電所建屋はどこもそうですが、完全吹き抜けの作りになっています。
上にあるのは操作盤でしょうか。
三ツ瀬発電所003
取水口。発電に使うための川の水を引き入れる小さな堰堤で、この水を発電所の上に引き上げ水圧鉄管を通し発電していたと思います。
苗代変電所004
苗代変電所。宛名面に三ツ瀬発電所と同じく「小松電気株式会社三ツ瀬発電所竣工記念」の文字があり、セットだったことが分かります。三ツ瀬発電所と同じ年に完成したのでしょうか。煉瓦造りと思われる建屋で、三ツ瀬発電所で発電した電気を扱う変電所だったのでしょう。建屋正面にある扁額は「NOSHIRO SUBSTASION KOMATSUELECT.Co」と英文で書かれており、中々しゃれています。
金平変電所005
金平変電所。こちらも苗代変電所と同じくセットの一つで、同時期の完成と思われ三ツ瀬発電所の電気を扱っていたものと思われます。建屋の外観の写真がありませんが、苗代変電所と同じ煉瓦造りだったと思われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/751-e3fe3d7d

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>