古絵葉書・舞鶴要港部舞鶴工作部(舞鶴海軍工廠)

舞鶴要港部舞鶴工作部001
明治34年に設立した舞鶴海軍工廠は大正12年のワシントン海軍軍縮条約による舞鶴鎮守府から舞鶴要港部へと格下げになったのに伴い、舞鶴海軍工廠も舞鶴海軍工作部へと格下げされました。
昭和11年に舞鶴鎮守府へと復帰した際、舞鶴工作部も舞鶴海軍工廠へと復帰、終戦まで駆逐艦建造の中心を担いました。
この絵葉書は舞鶴工作部時代のもので、絵葉書の様式から昭和初期頃と思われます。
舞鶴海軍工廠はその後民間に払い下げられ、飯野産業・日立造船舞鶴工場・ユニバーサル造船舞鶴工場と所有が変わり、
現在はJMU(ジャパンマリンユナイテッド)舞鶴事業所として海軍工廠時代の施設がほぼそのまま使用されています。

※関連記事 古絵葉書・舞鶴海軍工廠 舞鶴海軍海友社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/762-e40d69d2

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>