古写真・永代橋(個人撮影か)

永代橋002
永代橋は関東大震災後の震災復興事業の第1号として大正15年に完成しました。
ドイツのライン川に架かっていたルーデンドルフ橋をモデルに作られたこの橋は帝都東京の門と呼ばれました。
現在も使用されている永代橋は第2次大戦でのドイツ軍とアメリカ軍による激しい戦闘が行われ失われたルーデンドルフ橋の
面影を今に伝える橋となっています。
永代橋は2000年に土木学会の第一回土木学会選奨土木遺産に認定され、
さらに2007年には国指定重要文化財に指定されました。
永代橋001
2枚目の写真には市電が写っています。明治37年から橋の上を走っていましたが、昭和47年に廃止されました。
この写真は個人撮影の可能性のもので、昭和初期頃と思われます。
東北地方の発電所や鉄道橋の工事写真に混ざっていたもので、工事に携わった方が参考とするために撮影したのかもしれません。

※関連記事 古写真・東京永代橋(明治20年代?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/764-18b4b5c7

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>