古絵葉書・株式会社六十八銀行

六十八銀行001
六十八銀行奈良支店は奈良市の電信局跡地に大正15年に建てられました。
設計は日本銀行関連の建築を多く手掛けた長野宇平治。施工は大林組。
六十八銀行は昭和9年に合併して南都銀行となり現在に至りますが、この建物はそのまま南都銀行本店として使用され、
1997年に国指定登録文化財に指定されました。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/773-7581c984

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>