古写真・昭和初期頃の函館港、函館市街写真3枚

函館港001
戦前の函館を撮影した写真3枚です。
写真の端にはそれぞれの場所と「津軽要塞司令部許可済」というキャプションがあります。
津軽要塞司令部は昭和2年に函館要塞司令部から改称されたもので、そのことからこれらの写真は昭和2年以降の撮影であことが分かります。
1枚目は函館港の写真。手前の塔屋のある洋館は函館税関でしょうか。
港には多くの船舶が停泊していますね。
函館市恵比寿銀座通り001
恵比寿銀座通。左奥に見える3階建てのビルは旧目貫商店。
大正10年築の商店で、現存している建物です。
コンクリート建築の旧目貫商店は大正10年に起きた函館大火の教訓として耐火性と防火対策を目的として建てられました。
函館市末広町001
末広町。左側中央の時計台のビルは旧森屋百貨店。大正14年に建てられた商店で、昭和5年に海側に7階建ての新館が建てられたようですが、写真には見当たらないので新館建築前でしょうか。
旧森屋商店の建物は2001年に解体。現在は旧森屋商店を模したウイニングホテルが建てられています。
旧森屋商店の手前にある建物は旧金森回生堂。旧森屋商店と同じ大正14年に建てられた建物で、現在は高田印刷として現存しています。
写真の撮影時期ですが、昭和2年から旧森屋商店の新館が建てられる昭和5年の間でしょうか。
函館市街は昭和9年に再び大火の被害にあうことになります。
スポンサーサイト

コメント

カフェレストラン函館軒

2枚目の写真は昭和9年の函館大火以前のもので、3階建ての建物はその大火で焼失しました。ユーチューブで「昭和9年函館大火の記録映像」で検索すると焼け残った姿が写っています。建物は「カフェレストラン函館軒」で後に建て替えて銀座会館となったようです。ヤフーブログで「開港地・函館の大正ロマン」で検索すると記事を書いている方がいらっしゃいます。

Re: カフェレストラン函館軒

グズグズ様
情報ありがとうございます。やはり昭和9年の大火以前の撮影のようですね。
しかし、コンクリートの建物すら焼け落ちるとは相当な火災だったんですね。

  • [2016/04/10 10:07]
  • URL |
  • べーさん@京都
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/794-a1923ef7

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>