冊子・福知山市鳥瞰図(吉田初三郎・昭和13年)

福知山市街図002
昭和13年に市政開始から1年後の昭和13年に福知山市が発行した福知山市案内の小冊子で、
表紙と中に収められている福知山市鳥瞰図は吉田初三郎の作画となっています。
これは表紙。福知山城跡と昭和6年に完成した5代目音無瀬橋。その奥には烏ヶ岳と思われる山が見えます。
右上に吉田初三郎の署名があります。
福知山市街図003
※画像をクリックすると拡大します。
中に収められている福知山市鳥瞰図。
吉田初三郎の鳥瞰図は大きなデフォルメを特徴としたもので、この鳥瞰図にもありますが、福知山市からは本来望むことが不可能な富士山や天橋立、さらには朝鮮半島までも描かれているのが特徴です。
鳥瞰図はおそらく昭和13年の数年前までの福知山市街を描いたものと思われ、記されている銀行や工場や学校・官公庁の様子をうかがうことができます。
銀行に関しては両丹銀行と百三十七銀行が目立ちます。両丹銀行は昭和11年に何鹿銀行・治久銀行・高木銀行・福知山銀行が合併して設立された銀行で、両丹銀行新町支店となっている銀行は近年まで残っていた元福知山銀行本店でした。
鳥瞰図で両丹銀行本町出張所と書かれている建物は現存し、現在桐村眼科として使用されています。
両丹銀行新町支店の向かいに注釈はありませんが大きなビルが描かれています。これは旧三ツ丸百貨店で、現在ぽっぽランドとして使用されている建物です。
鳥瞰図の右方向に大きな工場があります。郡是製糸福知山工場で、現在はグンゼ福知山配送センターとなっていますが、当時の事務所や門衛所・繭倉などがそのまま残されています。
その郡是製糸福知山工場の右手に福知山西駅という駅があります。これはかつて存在した北丹鉄道の駅舎で、大江町の河守駅から由良川沿いを走り福知山駅に繋がっていました。
北丹鉄道は昭和49年に廃線となりましたが、現在もトンネルや橋脚が残されています。
吉田初三郎の鳥瞰図は各建物が簡略化されて描かれていますが、建物の形や特徴はしっかりと捉えられており、福知山城跡の石垣も形は正確で実際に現地で取材して描いたといわれる吉田初三郎のこだわりを感じます。
裏面には福知山市の観光名所を紹介した写真付き解説が書かれています。
鉄道旅行案内1
吉田初三郎は大正から昭和にかけて日本中の市街地や観光地の鳥瞰図を数多く手掛け、当時は「大正広重」と称され人気を博した絵師で、近年再評価されつつある人物です。
鉄道省から依頼され作成した大正13年刊「鉄道旅行案内」は吉田初三郎の代表作で、全国の都市や観光名所の鳥瞰図を多数収録した書籍です。小さめの本に収録されたものなので、パンフレットの鳥瞰図より簡略化されていますが、それでもこの本を読んでますと日本中を旅した気分にさせられます。

福知山市街を描いた吉田初三郎の作品はネットで調べたところ昭和29年のものがあるようですが、それ以外は見当たらず京都府立総合資料館の所蔵リストにもありませんでした。
この福知山市鳥瞰図は市政1周年を記念して吉田初三郎に作画を依頼したと推定されますが、同資料を所有する他機関等が見当たらない今、作成の経緯等は分かりません。
戦前の昭和期の福知山市街を知る資料として、戦前の福知山市を描いた吉田初三郎の作品としてそれなりに貴重な資料と私は思いますがいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/814-8cece1d0

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>