古絵葉書・絹糸紡績株式会社

絹糸紡績株式会社001
京都市上京区にあった紡績工場です。操業は明治23年。明治10年に群馬県高崎市に創業した旧官営新町屑糸紡績所(現存・国指定重要文化財)をモデルに設立され、屑糸や屑繭を再利用し紡績糸に再利用するための工場でした。
絵葉書の工場の写真には赤煉瓦の工場棟やコロニアル様式の事務所。和風の造りの倉庫などが建ち並び、いかにも明治の工場といった雰囲気です。
絹糸紡績株式会社は明治41年出版の京都府写真帖によれば京都市上京東竹屋町にあったとされ、この絵葉書の宛名面にも差出人の住所に京都市上京絹糸紡績社宅内(明治42年12月31日消印)とあります。
無題
立命館大学京都市明細オーバーレイマップより引用。クリックで拡大します。
上京となっていますが、現在の左京区で丸太町東大路西にありました。オーバレイマップには絹糸紡績株式会社の文字は無く、鐘ヶ淵紡績株式会社の名前がありさらにそれが消されて日国工業の名前に変えられています。
昭和初期までに所有が変わったようですね。
現在、絹糸紡績株式会社の敷地は京都大学熊野寮として使用されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/817-58ac30a7

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>