古写真・甲鉄艦 扶桑艦

扶桑艦001
扶桑艦は創立間もない日本海軍がイギリスに発注した軍艦であり日本海軍の草創期を支えた軍艦の1つで、これまでに配備された木造船に鉄板を張った艦とは違い、日本海軍が初めて所有した全金属製の船体を持つ近代的な軍艦でした。
扶桑艦は明治8年にイギリスにて建造され明治11年に竣工。日本海軍に引き渡され日本海軍草創期の主力艦として位置しました。
明治26年には近代化改装を受け日清戦争にも従軍しましたが、そのころにはすでに旧式でありあまり活躍しなかったようです。
明治30年には巡洋艦「松島」と衝突事故を起こし沈没しましたが、引き上げられ翌年には復帰。
しかし、老朽化には勝てず明治41年に除籍しました。
扶桑艦002
古写真の台紙裏の書き込み。この写真は横須賀港に停泊中の扶桑艦を撮影したもののようです。
日清戦争及び黄海海戦の記載はあるものの、日露戦争の記載はないので、日清戦争後で日露戦争開戦前に撮影された写真だとわかります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/827-667e0bbe

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>