古写真・国家総動員服工場

国家総動員服工場002
建物に大きく「国家総動員服工場」と書かれている写真です。
国家総動員法が制定されたのは昭和13年4月1日。以後日本国内は官民問わず戦時下体制をとることとなりました。
この工場も元々は服飾関連の工場だったのでしょうが戦時下体制により国家総動員服工場へと転換したと思われます。
工場の前には線路が通り、もしかしたら専用の引き込み線を持つ大きな工場だったのかもしれません。
国家総動員服はいわゆる国民服のことだと思われます。日本における国民服に関する法律「国民服令」が制定されたのは昭和15年11月1日。戦時下の物資統制による合理化のために制定されました。いわゆる軍服色であるカーキ色をした国民服は終戦後まで使用され続けました。
国家総動員服工場003
工場の敷地内のグラウンドで体操をしている写真。始業前の朝礼でしょうか。
体操をしている人々を見たら学生服を着ている10代の若者に見えます。当時の旧制中学や女学校の生徒でしょうか。
軍需関連の工場への学徒動員が戦争も末期に近い昭和19年。ただその頃は女子学生はいわゆる戦時下の女性の服装として知られているモンペを着用していたと思われるので、これは工場の企業が運営する工場内もしくは企業内の学校か青年学校の生徒かと思われます。女子学生のモンペは戦争中期の昭和18年ごろまではスカート着用が多かったようで、実際昭和17年に制定された女性の国民服である婦人標準服はワンピースのようなスカート姿でした。
戦時下の女性にモンペが広まり女子学生の制服にモンペが採用されたのが昭和19年。都市空襲の脅威が身近に感じられるようになったころからでした。
この2枚の古写真の撮影された場所、国家総動員服工場については場所等不明ですが、時代的に昭和14年頃から昭和18年頃までのものと思われ、戦時下の様子を知ることのできる資料です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/831-33ace289

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>