古絵葉書・神宮徴古館

神宮徴古館

伊勢神宮の宝物や考古資料などを展示している神宮の博物館です。
明治44年に建てられたルネッサンス様式の華麗な建物でしたが、
昭和20年の空襲で外壁を残し焼失。現在の神宮徴古館は外壁をそのままに
屋根と内部を改修した建物です。
外壁自体は当時のままなので、国の登録文化財に指定されています。
現在の姿と比べてみると、ドームが失われているため、焼失前よりちょっと
荘厳さが失われている気がします。
スポンサーサイト

コメント

べーさん、おはようございます。さっそくありがとうございました。木造と違って、石造りはどうにかのこるようですね。

東京駅も空襲で全焼しましたが、
煉瓦造りなため、外壁は焼け残り
現在も当時とほぼ同じ姿を残してますね。火災のときは、ちょうど窯のような状態になっていたでしょうけど・・・

そう考えると、どっちが(木造or石作り)よいのか考えてしまいます。

長く持たせるには石でしょうかね。
でも、日本のような温暖湿潤な土地には木造が一番なんでしょうけど・・・

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>