古絵葉書・昭和初期頃撮影の峰山町(現・京都府京丹後市峰山町)3枚

峰山町001
現在の京都府京丹後市峰山町の昭和初期頃撮影の絵葉書です。キャプションに「復興ノ峰山町全景」とあります。
昭和2年に発生した北丹後地震は丹後半島一帯に大きな被害をもたらしこの峰山町も甚大な被害を受けました。
この絵葉書は震災の被害から復興を遂げた峰山町を撮影したもので、左奥の小高い丘に現在も残る昭和4年完成の丹後震災記念館が見えることから昭和4年以降の撮影と分かります。峰山町002
「峰山駅通ノ景」のキャプションのある2枚目の絵葉書。左に写る3階建ての日本建築は旅館でしょうか。
右手の洋風建築には「山添陶器店」と書かれており、今でもお店はあるようです。
向かいにある大きな和風建築は料理旅館「和久傳」。現在も高級料亭として存在する和久傳の発祥の場所でした。
峰山駅は現在、京都丹後鉄道となっています。
峰山町003
「峰山本町通ノ景」のキャプションのある3枚目。峰山町のメインストリートです。
左の洋館は昭和4年竣工の丹後商工銀行。
丹後商工銀行2
以前記事にした丹後商工銀行の絵葉書。建物は失われ現在は京都銀行峰山支店となっています。

※関連記事
古絵葉書・丹後商工銀行新築記念絵葉書
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!2枚目の写真ですが、山海でなく山添陶器店です。その後商売替えされましたが、
今も山添さんが店を構えておられます

はじめまして。
ご指摘ありがとうございます。
山添陶器店さんでしたか。

反応いただきなんだか嬉しいです
ついで情報になりますが、陶器店向かいの三階建の建物は、和久傳 という料理旅館でした。もうそこにはありませんが、今は全国的に有名な料亭になりました

当時、現地は大変な栄えようだったと聞きます 今は見る影もありませんが。
和久傳在りし日の貴重な写真を拝ませていただき感謝いたします 今後も楽しみに拝見させていただきます

和久傳ってかなり有名な高級料亭ですね。
この峰山が発祥とは知りませんでした。
確かに和久傳のサイトを見たら絵葉書にもある建物の古写真が載せられています。
再びのご教授、まことに感謝いたします。
後になりますが、山添陶器店と合わせて記事の訂正と加筆をさせていただきます。
ありがとうございました。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/844-177b418c

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>