古絵葉書・潜水母艦大鯨進水記念絵葉書(2枚組)

大鯨001
潜水母艦大鯨は横須賀海軍工廠にて建造された軍艦で、昭和8年に起工し同年11月に進水のか7ヶ月という短さでした。これは事前に昭和天皇に進水式の日程が知らされており、それに合わせたためでした。潜水母艦というのは潜水艦への燃料や弾薬・食料の補給、さらには潜水艦乗員の休息も行うことができた軍艦でした。しかし大鯨は保有艦艇を大きく制限させられたロンドン海軍軍縮会議に対応するため制限のなかった10000トン以下の補助艦艇を有事の際すぐに航空母艦に改造できるようにあらかじめ建造された潜水母艦でした。
大鯨003
太平洋戦争開戦の昭和16年、大鯨は当初の予定通り航空母艦へと改装され、龍鳳と名付けられました。
龍鳳は太平洋戦争の緒戦を戦い抜き、昭和19年にはシンガポールへ輸送船団「ヒ87船団」を護衛し呉に帰還。その後は呉軍港にて浮き砲台として使用。呉軍港空襲では来襲するアメリカ軍機に対して対空射撃を行いました。
龍鳳はそのまま終戦を迎え解体されました。
大鯨002
1枚目の絵葉書の通信欄には進水記念スタンプが2つ押されていました。進水式の時にもらった絵葉書に記念に押されたのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/855-661e53f9

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>