古絵葉書・鐘ヶ淵紡績株式会社福知山製糸工場

鐘ヶ淵紡績福知山工場001
福知山市は製糸会社として拡大を続けていた郡是製糸のある綾部市に対抗して大手の製糸会社の誘致運動を行っていましたが、大正10年に両丹地区に鐘ヶ淵紡績(後のカネボウ)の工場進出の情報が伝わると鐘ヶ淵紡績に対し熱心な工場誘致を働き掛け、ついに大正11年に工場が竣工しました。以来、隣の綾部市の郡是製糸と競い合い発展していきました。
これはその鐘ヶ淵紡績福知山製糸工場の絵葉書です。
鐘ヶ淵紡績福知山工場002
福知山町(当時)の街並みと鐘ヶ淵紡績福知山福知山製糸工場の外観。
昭和3年に福知山製糸工場という名前に改称されているので、この絵葉書は昭和3年以降の発行となります。
鐘ヶ淵紡績福知山工場003
工場内の様子。煮た繭から糸を取る繰糸機が写されています。
鐘ヶ淵紡績福知山工場004
工場内の寄宿舎と裁縫・生花教室。戦前の大工場では若い従業員が生活する寄宿舎や従業員を教育する女学校のようなものもありました。
郡是製糸でも同様で福利厚生施設や寄宿舎・郡是女学校といった従業員への福利厚生・教育施設を充実させ、従業員を大切にしていました。
戦時中は海軍に接収され軍需工場として稼働していましたが、戦後再び鐘紡工場として稼働。
しかし繊維業の衰退から鐘紡福知山工場はカネボウ食品へと転換。
さらに経営破綻によるカネボウグループの解散によりクラシエホールディングスへと変わったため、カネボウ福知山工場はクラシエフーズ福知山工場へと転換。しかし、現在もかつての鐘ヶ淵紡績福知山製糸工場と同じ敷地で操業しています。

※関連記事
古写真・鐘紡福知山工場(昭和11年版 天田郡志資料より)
古絵葉書・郡是製糸株式会社福知山工場
古絵葉書・郡是製糸株式会社萩原工場
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/868-135b4b17

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>