古絵葉書・鈴鹿海軍航空隊

鈴鹿海軍航空隊001
鈴鹿海軍航空隊は昭和13年に設立されたパイロット養成(予科練)の訓練飛行場で終戦まで多くの海軍のパイロットを育成しました。戦争末期になると実戦部隊の航空隊としても使用せざるを得なくなり特攻隊の基地としての役割も担うことになりました。
終戦後に部隊は解散。鈴鹿海軍航空隊の跡地は鈴鹿科学医療大学やNTTの敷地となり近年まで格納庫が残されていましたが現在は解体。当時の物は正門と門衛所のみが残されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/878-096cabb1

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>