古写真・大阪 眺望閣

大阪 眺望閣
現在の大阪市浪速区日本橋の日本橋幼稚園辺りにかつて5階建ての高層建築がありました。眺望閣と呼ばれたこの古写真の建物は明治21年に完成し、有宝地と呼ばれた遊園地の中にありました。
高層建築と言えばお城か寺院の五重塔くらいしかなく登ることもできなかった明治中期においてこういった観光施設としての高層建築は珍しく、多くの人々が見物に押し寄せました。
この眺望閣に触発されたのか翌年の明治22年、現在の大阪市北区茶屋町に眺望閣より10m高い9階建ての建物が完成。凌雲閣と名付けられた建物は「ミナミの五階」と呼ばれた眺望閣に対して「ミナミの九階」と呼ばれそれぞれミナミとキタのシンボルとなりました。
明治23年、東京浅草に煉瓦造りの12階建ての高層建築が建てられました。それがキタの九階と同じ名前の「凌雲閣」です。
さらに眺望閣がある同じミナミに明治45年、パリのエッフェル塔を模した鉄骨の高層建築が完成。それが初代通天閣です。
明治中期は観光としての高層建築ブームに沸いた時代でしたが、眺望閣はわずか16年後の明治37年に取り壊され、浅草凌雲閣は大正12年の関東大震災で崩壊し大阪の凌雲閣も昭和初期に取り壊されました。
現在、日本橋商店街にある五階百貨店がかつて存在したミナミの五階・眺望閣の名残を今に伝えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/886-e8f636bb

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>