古絵葉書・二式単座戦闘機 鍾馗(陸軍航空本部提供写真)

鍾馗001
陸軍航空本部提供写真の二式単座戦闘機・鍾馗の絵葉書です。宛名欄と通信欄の間に「君は増産 僕は操縦」の文字があります。
二式単座戦闘機・鍾馗は昭和15年に初飛行し昭和16年から運用され、一式戦闘機「隼」とともに大戦中を通じて活躍した機体です。
この絵葉書の写真は比較的アップで撮られており、エンジン部分の1部や機銃等の様子が良く確認できます。
鍾馗002
編隊を組んで飛行する鍾馗。こちらは尾翼部分に修正が入れられているように見えます。
鍾馗は大戦末期は本土防衛の迎撃機として使用されましたが、米軍の評価では迎撃機としては優秀であったと評価しています。
昭和19年末に鍾馗の生産は終了。後継機は新開発の四式戦闘機「疾風」となります。

YouTubeにニュース映画に撮影された鍾馗の映像がありました。

※関連記事
古絵葉書・二式単座戦闘機 鍾馗
古絵葉書・二式単座戦闘機 鍾馗 (内外ゴム献納 愛国第2717号機)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/888-0b663f9d

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>