古絵葉書・株式会社第四十九銀行本店

第49銀行001
第四十九銀行は明治5年の国立銀行条例により国立銀行の49番目に誕生した第四十九国立銀行を前身とする銀行で、京都に本店を置きました。
四十九銀行は明治41年に京都商工銀行に買収され四十九銀行は消滅。さらに京都商業銀行は大正5年に第一銀行に合併吸収されました。
絵葉書には四十九銀行の本店建物が写されてますが、伝統的な町屋の建物で、元からあった商家の建物をそのまま利用したのかもしれません。
表の宛名面には明治34年3月13日の消印が押されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/908-4b67d0ba

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>