資料・琵琶湖疏水線路全景二万分一之図

琵琶湖疏水線全路景二万五千分の一之図ブログ用
※サムネイルのクリックで画像が拡大します。
琵琶湖疏水は明治天皇の東京奠都により衰退した京都市を琵琶湖の水を使った水運・水車動力による工業(当初計画)・上水道を目的として明治18年に起工・明治23年に完成した疏水です。
大津市と京都市を水路やトンネルでつなぎ、琵琶湖の水を京都まで通すという壮大な計画は当時若干21歳の田邉朔郎が設計監督を担当し、当時お雇い外国人の監督指導が当たり前だった明治前期の近代的土木工事において全て日本人の手によりこの大事業を成し遂げられた工事でした。
この琵琶湖疏水の全図は竣工式前日の明治23年4月8日付の日出新聞(現在の京都新聞の前身)の付録として発行されたもので、完成したばかりの琵琶湖疏水の様子が描かれています。また、裏面には工事の要略と起工から完成までの各工事の沿革、使用された物資や工事費等が詳細に書かれています。
琵琶湖疏水線全路景二万五千分の一之図ブログ用2
※注釈入り。サムネイルクリックで画像が拡大します。
図を見てみますと、琵琶湖疏水に使用する煉瓦を焼いた山科の煉瓦工場やトンネル工事を担った藤尾工場・蹴上工場等、現存しない琵琶湖疏水工事のために設置された工場の位置が描かれています。
逆に翌年の運転開始となる蹴上発電所や明治25年の着工となる鴨川運河は描かれていません。
琵琶湖疏水を象徴する蹴上インクラインと南禅寺水路閣は描かれていますが、水路閣にはキャプションが無く、インクラインは「科入舟車道」と書かれています。また、鴨東運河に閘門の文字があり、そこに夷川船溜まりが描かれていますが、大正3年に現存する煉瓦造りの夷川発電所が建設されました。
琵琶湖疏水は明治時代前期において京都市・京都府のみならず国家的事業の大工事とされ、竣工式の前日には国旗掲揚や提灯行列はもちろんのこと、竣工式が行われた夷川船溜まりには祇園祭の山鉾が並び、大文字の送り火にまで点火され多くの人で賑わったそうで、この琵琶湖疏水がいかに京都市の威信をかけて建設され京都市民の希望の星になっていたかが分かります。
この日出新聞の付録が出された翌日の4月9日に明治天皇と昭憲皇太后の両陛下を招き竣工式が行われました。
現在、琵琶湖疏水は本来メインであった船運は廃止され、主に上水道と発電の役割を果たしていますが、明治前期の日本で初めての近代土木技術が多く取り入れられ、また日本人のみで行われた近代工事であり、近代化遺産として非常に価値が高く、第1疏水全線が国指定史跡にしていされました。そのため、京都の観光地としても近年知られるようになりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/911-d7f4c6c1

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>