古絵葉書・東京勧業博覧会瓦斯館

東京勧業博覧会

東京勧業博覧会は明治40年に開催された博覧会で、国内の産業や物品を内外に
アピールするイベントで、明治大正期の勧業博覧会は東京・京都で主に開かれていました。
この建物は、上野に設けられた瓦斯館という建物です。ガスは明治のガス灯にも象徴されるように
文明開化を代表する新しいエネルギーの一つでした。
この絵葉書は博覧会開催中に売られた記念品で、うっすらですが、彩色されています。
スポンサーサイト

コメント

当時のガスは、天然ガスではなく、コークスを作るときにでるガスだったそうです。

副産物を再利用したわけですね。
コークスって石炭の残りかすでしたっけ。

コークスは、製鉄するときの鉄の還元材として使われますが、明治の初めはガスを取った後の廃棄物でした。

あ、鉄の方ですね。ガス採掘でもカスは出るんですね。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>