古絵葉書・福知山広小路ニ於ケル猪崎新地芸妓連ノ福知山踊

福知山音頭001
昭和10年代頃の福知山市広小路での福知山踊りの様子を撮影した絵葉書です。踊っているのは北近畿有数の遊郭街、猪崎新地の芸妓たち。福知山音頭は福知山市では馴染み深い音頭で、私が中学生の頃までは夏休みの時期になると駅前通りに土曜夜店が開かれ、広小路通りには絵葉書のような櫓が組まれ、新地はすでに消滅していたので振興会の人たちが福知山音頭を踊っていました。
今でも行われているようですが、花火大会の中止以降、子供の頃に比べてだいぶ規模が小さくなった気がします。
また、絵葉書の街並みの風景も完全に様変わりしています。一番奥の角に建つ和風の建物は高校の頃まで現存していましたが、現在は失われています。絵葉書にも写る当時の建物で唯一残っているのは精肉店の中島本店のみとなってしまいました。

※関連記事
古絵葉書・福知山 広小路と公園地の遠望
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/941-2d7c255a

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>