古写真・明治製菓銀座売店

明治製菓銀座店001
東京銀座にあった明治製菓の銀座店の写真です。明治製菓は大正5年に操業を開始。大正13年、銀座三丁目に1号店なる銀座店をオープン。昭和8年に改装し新装開店しています。この古写真には昭和8年5月の日付があり、新装オープンしたばかりの姿です。
外壁には「明治チョコレート」「明治キャラメル」の文字が。明治チョコレートは大正15年に販売開始され、今でも販売されている明治ミルクチョコレートです。
隣のビルは文具専門店の銀座伊東屋。伊東屋の右隣には銀座松屋の百貨店があり、まさに繁華街のど真ん中にありました。
明治製菓銀座店002
店内の様子。売り場と喫茶室。建物の外観もですが内装や照明もモダンでオシャレですね。
同じ銀座にあった高級店の千疋屋とは違い、駄菓子屋さんでも売られていた明治製菓のお菓子は庶民にも馴染みでこの銀座店も入りやすかったのかもしれません。喫茶室には気取ったモボやモガがお茶をしながら歓談していたのでしょう。
昭和初期のモダン映画にもロケに使われているようです。
写真の下に「東京観劇特売招待会記念」の文字があります。
これは昭和8年5月に、京橋の新社屋完成を記念して催された際にお土産として渡されたもので、元々は5枚セットだったようです。
東京大空襲を始めとした昭和20年の相次ぐ空襲により銀座界隈は壊滅。終戦直後の銀座を撮影した写真には大破して廃墟化した明治製菓銀座売店の写真があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/951-21621bf3

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>