古写真・金沢市犀川大橋の牛鍋屋、牛肉商(明治30年代か)

金沢市牛肉店001
台紙に金沢市の写真館の文字がある明治期の鶏卵紙古写真です。
写真の橋は調べた結果、欄干のデザインや橋脚の形から明治31年に完成した最後の木造の犀川大橋と思われます。
その橋のたもとに「牛肉商」の看板を掲げた擬洋風建築っぽい3階建ての建物があります。
金沢市牛肉店002
看板の拡大。店舗の雰囲気から1階で牛肉の販売し2階で牛鍋屋を営む、現在も京都市の寺町三条にある明治6年創業の三嶋亭のような感じだったのでしょう。
ただ、この牛肉店に関して調べてみましたが有力な情報は得られず不明です。※調べたところ、大正期にはこの牛肉商の建物は存在しないようです。
ちなみに現在も犀川大橋のたもとに「河内家牛肉店」という精肉店が存在しますが、創業年など分からずこの古写真の建物との関係も不明です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/952-9b21220d

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>