古絵葉書・歩兵第70連隊(篠山市)

篠山第70連隊001
兵庫県篠山市に存在した陸軍歩兵第70連隊は明治40年に第4師団隷下の連隊として設立されました。
「弱い師団」と言われた第4師団ですが、この篠山の70連隊は絵葉書の背後にも写る山を使い激しい山岳戦の演習を実施、
山岳戦の篠山連隊として有名で「丹波の鬼連隊」とも称される精鋭の連隊でした。
篠山第70連隊002
70連隊の全景。
篠山70連隊は昭和12年より満州に派遣。昭和15年より満州で設立された第25師団の隷下に。昭和20年に本土防衛のため25師団が宮崎県に移駐したのに伴い70連隊も鹿児島県出水市に移駐しますが、そのまま終戦を迎えました。
終戦後、70連隊の敷地は篠山産業高校・三井ミーハナイトメタル篠山工場・篠山警察署となり、隣接していた篠山陸軍病院は兵庫天満電線篠山工場(現在は閉鎖)として利用。南側にあった練兵場はスポーツセンター等になりました。
現在、旧連隊敷地内には営門や炊事場他の煉瓦建築、土塁や側溝などの遺構が残されてます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/953-a26c41e1

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>