古絵葉書・京阪八幡市駅

京阪八幡市駅001
京都府八幡市にある京阪八幡市駅は明治43年に京阪本線の開業とともに八幡駅として開業。その後、石清水八幡宮前駅・八幡町駅と改称し、昭和52年の市制施行に合わせて八幡市駅と改称しました。
駅舎左手の小さめの洋館は男山ケーブルカーの駅舎。麓の八幡市駅と石清水八幡宮のある男山山上を結ぶケーブルカーで、京阪鋼索線とも言われ京阪の子会社の男山鉄道が大正15年に開業しましたが、昭和19年の不要不急線に指定され廃止。しかし昭和30年に京阪電鉄が取得し直営。現在に至ります。
奥に見える木津川に架かる鉄橋は木津川橋梁。昭和2年に9連のプラットトラス橋が完成し現在も使用されています。
このことと絵葉書の様式からこの絵葉書の撮影時期は昭和2年から10年くらいまでと推定されます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/969-cd0ac990

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>