古絵葉書・駆逐艦灘風進水記念絵葉書

駆逐艦灘風進水記念001
駆逐艦灘風は峯風型駆逐艦の5番艦として舞鶴海軍工廠にて大正9年に起工、大正10年に竣工した駆逐艦です。
この絵葉書は大正9年6月26日に進水式を迎えた灘風の進水記念として発行された絵葉書です。
駆逐艦灘風進水記念002
絵葉書は峯風型駆逐艦の写真と旭日の光線、そして波の意匠がデザインされていますが、その波の中に「なだかぜしんすいきねん」の文字が隠されており、中々凝ったデザインとなっています。

灘風は竣工後、第3駆逐隊に編入。日中戦争の諸作戦に参加後予備艦となりましたが、昭和15年に哨戒艇に艦種変更され、それに伴い第2哨戒艇と艦名を変更。魚雷や主砲などの兵装を撤去され後甲板も大発2隻が搭載できる強襲揚陸艦として大幅に改造され、太平洋戦争中は南方方面の輸送作戦に従事しましたが、終戦の間際である昭和20年7月25日、インドネシアのロンボク海峡にてイギリス海軍の潜水艦「スタッボーン」による雷撃により撃沈されました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/972-49077ec8

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>