古絵葉書・京都市電気局共済病院竣工記念絵葉書

京都市電気局共済病院竣工記念001
京都市電気局共済病院は昭和15年に設立した病院で、恐らく電気局職員と家族向けの病院だったと思います。場所は京都市上京区鷹野花ノ坊町一番地。ただし現在は上京区紫野花ノ坊町と町名が変更されています。
この絵葉書は京都市電気局共済病院の新築を記念して発行された絵葉書セットです。
京都市電気局共済病院竣工記念002
京都市電気局共済病院の外観。昭和15年の完成なので当時主流になっていた装飾を廃した機能主義建築のスタイルです。
京都市電気局共済病院竣工記念003
病院内部の階段。看護婦さんがストレッチャーを運び下ろしています。後に紹介する平面図を見ると、2階までは1階から登れるスロープがあり、地階から3階までのエレベーターは設置してあったようです。
京都市電気局共済病院竣工記念004
手術室。完成したばかりなのでピカピカですね。
京都市電気局共済病院竣工記念005
※画像のクリックで拡大します。京都市電気局共済病院の新築工事概要と配置図。概要には肝心の設計者と施工者の名前がありません。まぁ京都市営繕課が設計を手掛けたんでしょうが、具体的な名前が分からないのが残念。
京都市電気局共済病院竣工記念006
※画像のクリックで拡大します。
京都市電気局共済病院の平面図。内科・外科・眼科・産婦人科・小児科・皮膚泌尿科・耳鼻咽喉科・歯科や入院病室や薬剤室・食堂・売店など現在の総合病院と変わらない充実した施設だったようです。
京都市電気局共済病院は昭和26年の地図には記載されていますが、その後、京都市交通局病院と名称変更。昭和43年に京都ライトハウスが入り旧病院施設を利用し今に至ります。旧京都市電気局共済病院の建物は2002年に解体されされました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/984-973db45f

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>