古絵葉書・舞鶴海軍軍需部第三水雷庫

舞鶴海軍軍需部第三水雷庫001
明治34年、東舞鶴の地に海軍の基地である舞鶴鎮守府が開庁されて以後、東舞鶴は海軍の街として栄え発展してゆきました。
城下町として発展していた西舞鶴と違い小さな漁村だった東舞鶴は街並みが整備され多くの海軍関連の建物が建ち並び、海軍相手の商売を見込んだ商人が住むようになっていきました。
この絵葉書に写る赤煉瓦の建物は舞鶴海軍軍需部第三水雷庫として大正7年に完成したものです。
この第三水雷庫のある北吸地区一帯は海軍の煉瓦建築の倉庫が多く建ち並び、またそれらを収めた兵器や備品などを搬出入するための引き込み線も作られました。絵葉書に写る線路はかつて舞鶴線の支線として海軍の桟橋(現・海上自衛隊北吸桟橋)や倉庫への引き込み線として利用された中舞鶴線です。
絵葉書のキャプションには「軍要部」とありますが、軍需部の誤植かと思われます。また、「舞鶴要港部」とありますが、これは大正12年にワシントン海軍軍縮会議により鎮守府から要港部へと格下げされたためです。舞鶴要港部は昭和14年に再び舞鶴鎮守府へと昇格しますので、この絵葉書の撮影はその期間となります。
赤煉瓦倉庫夜景1
戦後、海軍の煉瓦倉庫は民間会社や国の機関、海上自衛隊が使用。現在までに数棟が取り壊されましたが、明治36年竣工の旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫が1993年に赤れんが博物館として再利用されたのを機に北吸に残る12棟の赤煉瓦倉庫の見直しが行われ、市政記念館やまいづる智恵蔵などの文化施設に再利用。煉瓦倉庫の周辺も整備され、舞鶴赤れんがパークとして舞鶴市の新たな観光施設となりました。
舞鶴海軍軍需部第三水雷庫2
絵葉書の海軍軍需部第三水雷庫もリニューアルされ、舞鶴赤れんがイベントホールとして再利用されました。
2008年、海上自衛隊が所有する4棟を除いた8棟が国指定重要文化財に指定されました。
第三水雷庫の墨書
旧舞鶴海軍軍需部第三水雷庫の煉瓦倉庫は赤れんがイベントホールとしてリニューアルされ一部改修されていますが、煉瓦の柱や木製の階段などは残されており、煉瓦の柱の一部には「第三水雷庫」の当時の墨書きが残されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/988-36b3cfa8

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>