古絵葉書・但馬豊岡町(現・豊岡市)鳥瞰図(吉田初三郎・作画)

豊岡町鳥瞰図ブログ用1
吉田初三郎の作画による兵庫県豊岡市の鳥瞰図の絵葉書です。吉田初三郎は大正から昭和初期にかけて数多くの鳥瞰図を描いた絵師で、「大正広重」とも称されました。戦時中は軍事機密に触れるということで絵葉書制作へと移行しましたが、戦後に再び鳥瞰図を作成。昭和30年に亡くなるまで3000点もの作品を作成しました。
この絵葉書は現在の兵庫県豊岡市を描いた鳥瞰図で、「柳行李本場 但馬豊岡町」のタイトルと吉田初三郎の落款があります。
恐らくですが、元々は冊子として出版されていた豊岡町鳥瞰図を絵葉書サイズに縮小して印刷したものだと思います。
豊岡町鳥瞰図ブログ用2
※画像のクリックで拡大します。
市街地部分の拡大。町役場は昭和2年に完成した豊岡町役場で大正14年に発生した北但大震災の復興建築として建てられました。
豊岡市役所庁舎001

豊岡市役所2
昭和2年に完成した豊岡町役場庁舎と現在の姿。新庁舎建設に伴い25m曳家されて保存。国登録有形文化財となっています。
町役場の隣に郵便局がありますが、これも昭和2年に完成した復興建築で近年まで存在しました。
DSC_0712.jpg
豊岡町役場の向かいには渡辺節設計の兵庫農工銀行豊岡支店が現存していますが、鳥瞰図には描かれていません。兵庫農工銀行豊岡支店は昭和9年の竣工。したがってこの鳥瞰図は昭和2年から昭和9年の間に描かれたものと思われます。

※関連記事
古絵葉書・豊岡町役場庁舎(現・豊岡市役所庁舎)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/989-d4dd25cf

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>