冊子・堺市鳥瞰図(昭和10年・吉田初三郎作画)

堺市鳥瞰図ロゴ入り
※画像のクリックで拡大します
昭和10年に鳥瞰図絵師・吉田初三郎により描かれた、堺市鳥瞰図です。
吉田初三郎は大正から昭和初期にかけての全国的な旅行ブームに乗り、各地の都市や名所旧跡を描いた鳥瞰図を数多く制作し、「大正広重」と称された人物でした。戦時中は軍事機密に触れるとのことで一度は鳥瞰図制作を辞め絵葉書制作に移行しましたが、終戦後に再び鳥瞰図作成を開始。昭和30年に死去するまで3000点余りもの鳥瞰図を作成しました。
この堺市鳥瞰図も街を紹介する観光パンフレット的な形で制作されたと思われ、裏面の吉田初三郎の「絵に添えて一言」のコメントにも堺市長からの依頼を受けて製作したとあります。
以下、堺市鳥瞰図の抜き出した部分を紹介していきます。
堺市鳥瞰図2
※画像のクリックで拡大します
堺市の工業地帯。大阪織物と大日本セルロイドは工場としては現存していませんが、大阪織物の跡地には煉瓦のアーチ門が、大日本セルロイドの跡地はイオンモール鉄砲町店として再活用された後も当時の煉瓦建築が保存活用されています。
陸軍省からの発注を多く受けていた大和川染工所は現存し、当時の建物もいくつか残っているようです。
堺市鳥瞰図3
※画像のクリックで拡大します
堺市役所周辺の部分。上に反正天皇陵(田出井山古墳)が描かれています。反正天皇陵の右側に描かれている中学校は現在の三国丘高校、市役所近くの高等女学校は現在の泉陽高校です。殿馬場小学校は現在の殿馬場中学校です。
堺市鳥瞰図4
※画像のクリックで拡大します
大浜公園の部分。大浜公園は明治12年にかつての幕末の砲台跡を公園として整備したもので、明治36年に内国勧業博覧会の第2会場として開催された場所でもあります。鳥瞰図にある水族館はその時に造られました。
大浜公園の近くに一力楼とか丸三楼などの建物がありますが、これは大浜公園の開園に次いで開業した観光料理旅館で、勧業博覧会の際は多くの観光客が利用したことでしょう。堺市公会堂や商品陳列所の洋風建築も建てられています。丸三楼と浜卯の側にある灯台は明治10年に完成した旧堺灯台。大浜公園の戦前の建築物で唯一残されているもので、国指定史跡となっています。
堺市鳥瞰図5
※画像のクリックで拡大します
仁徳天皇陵(大仙古墳)と履中天皇陵(ミサンザイ古墳)の部分。堺市と言えば大仙陵を含む百舌鳥古墳群が有名ですね。この堺市鳥瞰図でもひときわ大きく描かれています。右端の信太山演習場は陸軍第4師団の隷下部隊が使用していた演習場で、現在はそのまま陸上自衛隊信太山演習場として使用されています。
堺市鳥瞰図7
※画像のクリックで拡大します
浜寺公園は明治6年に開園した日本最古の公立公園で、大正から昭和初期にかけては別荘地そして海水浴場として大いに賑わいました。鳥瞰図にある浜寺公園駅は明治40年に辰野金吾の設計により建てられた駅舎で、現在は国登録有形文化財として保存されていますが、鳥瞰図には何故かしっかりと描かれていません。浜寺公園の海は昭和36年頃から泉北臨海工業地帯としての埋め立て工事が行われ、かつてのような白砂青松の風景は失われました。
堺市鳥瞰図6
※画像のクリックで拡大します
堺市鳥瞰図には大阪市の市街地も描かれています。さすがに簡略化されていますが、大阪のシンボルである大阪城天守閣はしっかりと描かれていますね。
この堺市鳥瞰図は同じ冊子を堺市博物館も所有し、さらにこの鳥瞰図の原画を所蔵しています。また、上記の大日本セルロイド工場跡地にあるイオンモール鉄砲町店には原画の複製が展示されているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/991-ea6a1d4b

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>