category  [近畿地方 ]

古絵葉書・豊郷村砂山池・龍ヶ池・安食西揚水機場

豊郷村砂山池揚水機場
ヴォーリズ建築と、けいおん!の舞台で有名な旧豊郷小学校の近くに、
豊郷町の歴史を物語る2つの近代化遺産が遺されています。
「砂山池揚水機場」と「龍ヶ池揚水機場」で、この地の用水の苦労を物語る遺産です。

上の古絵葉書は四十九院地区にある砂山池揚水機場で、明治44年竣工の際に発行された絵葉書です。
砂山池揚水機場

砂山池揚水機場2
現在の砂山池揚水機場。竣工当時の姿をほぼ留めています。
木造の建屋の下は煉瓦造りですが、アーチ部分は当初から塞がれていて鉄管で揚水していたようです。
豊郷村龍ヶ池揚水機場
砂山池揚水機場から南へしばらく進んだ石畑地区というところに、龍ヶ池揚水機場かあります。
この龍ヶ池揚水機場も現存しています。
龍ヶ池揚水機場
現在の龍ヶ池揚水機場。同じく明治44年竣工。
砂山池揚水機場に比べて大分改修されていますが、面影は遺されています。
また、「タツガイケ」の文字が記された煉瓦造りの煙突も現存しています。
安食西揚水機場
こちらは安食西地区にあった揚水機場です。恐らく同じ明治44年竣工と思われます。
この揚水機場は現存はしていないようです。

豊郷町はかつては水不足により農業用水を人力で井戸から汲み上げ、田畑に使用する状況でした。
そうした状態を打開するために、明治42年「豊郷村耕地整理組合」を設立。
ポンプによる井戸水の揚水施設を建設し、人力に頼らない大量の用水を田畑に送る計画を立てました。
そして、明治44年。念願の揚水機場が完成し、現在に至るまで豊郷町の田畑へ水を送り続けています
説明板
※クリックで拡大します。
この揚水機場について、旧豊郷小学校内にも展示がされています。


古写真・大阪変電所(現・古川橋変電所)

大阪変電所1
写真裏に「大阪変電所全景其ノ一」との記載があります。
相当大規模な変電所施設のようです。
奥に変電所の建物が見えますね。
大阪変電所2
別のアングルです。写真裏には「大坂変電所全景其ノ二」とあります。
手前に小川が流れてますね。場所を特定する鍵となりそうです。

※コメント欄より情報を頂きました。
大阪変電所は古川橋変電所として今も当時の建物が残されています。
古川橋変電所は大正11年大阪府門真市に建設されました。

古写真・春日出第二発電所

春日出第二発電所
かつて大阪市此花区にあった火力発電所で、大阪電燈(後の関西電力)によって、
大正11年に建設されました。
立ち並ぶ巨大な8本の煙突が特徴的で、当時は「八本煙突」と呼ばれ、東京千住にあった千住火力発電所の
「お化け煙突」と並び称される存在でした。

2003年老朽化により取り壊され、跡地はホームセンターになっています。

古絵葉書・摩耶ケーブル摩耶駅

摩耶駅
大正14年に摩耶山観光用に造られたケーブルカーです。
高尾駅から摩耶駅までをつなぐ路線で、摩耶駅の近辺には、摩耶観光ホテルや摩耶遊園といった
娯楽施設がありました。

しかし、昭和19年に不要不急線に指定され運休。戦後の昭和30年から営業が再開されました。

この絵葉書は、摩耶駅のホームの様子を写したもので、ホームには多くの観光客で賑わっています。
現在摩耶駅は「虹駅」と名称が変わってますが、大正14年開業時の駅舎は改修はされているものの、
そのまま使われています。

古絵葉書・摩耶山ホテル

摩耶山ホテル
神戸市の摩耶山中にかつて豪勢なホテルがありました。
摩耶観光ホテルと呼ばれていたホテルで、昭和4年に完成。
鉄筋コンクリート造で、軍艦を思わせる外観から「軍艦ホテル」とも呼ばれました。

しかし、昭和19年に摩耶ケーブル線が不要不急線に指定され廃止されたのに伴い、
ホテルの営業も終了しました。

戦後、再オープンしたものの再び休止。その後、摩耶学生センターとして再利用されましたが、
1994年に閉鎖され、現在は廃墟となっています。

ホテルの廃墟自体は阪神大震災でも倒壊しませんでしたが、管理・整備等されておらず、荒廃している状態です。
廃墟ファンには通称「マヤカン」で有名な廃墟で、多くのサイトや出版物にも紹介されていたりします。
(原則立ち入り禁止です)

この絵葉書は、開業間もないころのものと思われ、ホテル周りの登山道の桜が綺麗ですね。
絵葉書に写る建物の部分は今でもその姿が保たれています。

古絵葉書・豊郷病院

豊郷医院
豊郷病院は、滋賀県豊郷町八目にある病院で、大正14年に設立されました。
現在は総合病院として大きな施設となっていますが、
この絵葉書の病院も鉄筋コンクリート造の洋風建築で、当時としては立派な病院だったと思われます。

豊郷と言えば、ヴォーリズが設計した豊郷小学校が有名ですが、
※参照・豊郷尋常高等小学校竣工記念絵葉書
この豊郷病院も昭和15年にウォーリズが設計したようで、
なるほど、そう言われればウォーリズらしい建物ですね。

古絵葉書・六麓荘 住宅地ノ一部

六麓荘
兵庫県芦屋市にある六麓荘地区は、現在も大邸宅が並ぶ超高級住宅街として有名な場所です。
昭和初期から造成が行われ始めましたが、当時から高級住宅地として知られていたようですね。
絵葉書はおそらく造成開始間もない頃の六麓荘の写真と思われますが、
すでに洋風・和風とも大規模な邸宅が建ってますね。
特に、中央のモダニズム建築は名のある建築家が手がけないと作れなかった住宅だったと思います。

古絵葉書・大阪帝国大学微生物病研究所(4枚)

大阪帝国大学微生物病研究所1
現在も研究機関として存在する大阪大学の微生物病研究所は、昭和9年に
堂島にあった大阪帝国大学堂島キャンパスに設立されました。
しかし、施設が手狭になってきたため、昭和42年に吹田キャンパスに移転しました。
よって、開設当時の建物は現存していないものと思われます。

この絵葉書は、研究所開所式記念として作られた絵葉書です。
この絵葉書は4枚のセットとなっています。

中身については「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・芦屋 中山邸新築記念絵葉書

中山邸1205
最近、国指定登録文化財に指定された芦屋市の中山邸が完成したときに発行された
記念絵葉書です。
個人宅でも絵葉書にして一般に売られたのでしょうか。
どちらかと言うと関係者に記念品として配られたと思いますが。
中山邸の設計は、戦前戦後にモダニズム建築で名を馳せた村野藤吾の作品。
昭和9年に完成しました。
この中山邸もすっきりとしたさわやかなモダニズム建築となっています。
中山邸2206
庭園から客室を望むアングル。
庭園がかなり広いですね。建物自体も相当な規模で
かなりのお屋敷です。

実はこの他にも洋館内部を撮影した絵葉書とか数種類あったのですが、
入手し損ねました。内部写真のほうが資料的には貴重だったかもしれませんが…

古絵葉書・大阪中央電信局竣工記念(6枚セット )

大阪中央電信局袋
かつて名作と称された東京中央電信局の設計者、山田守は
大阪の中央電信局の設計も手掛けました。
そのせいか、外観はやや似た印象があります。
大阪中央電信局外観
ただ、やはり東京中央電信局のデザインには一歩及ばなかったようで、
そのことは山田守自身も感じており、
「大阪の中央電信局は壊していいが、東京の中央電信局は残してほしい」
と語ったほどです。
しかし、それでも大阪中央電信局のデザインは優れたもので、
現在も残っていれば素晴らしい名建築であったことだろうと思われます。
この絵葉書は、昭和3年に完成した大阪中央電信局を記念して造られた
絵葉書セットです。現在手元に外観含めて6枚ありますが、
本来はもう少しあったものと思われます。

残りの内部の絵葉書は「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・草野川電気株式会社

草野川電気株式会社1
大正4年に開業した電気会社で、草野川を利用した水力発電による
電気の供給をしていました。
これは草野川電気株式会社の本社社屋。社屋というより民家のようですね。
草野川電気株式会社2
これは、草野川第一発電所。発電所の建物は小さいですね。
草野川電気株式会社3
発電所内部。
制御盤らしき装置と発電機がある以外は、ほとんど農家の納屋のような感じです。
しかし、こんな小さな発電所がもたらす電気の光は近隣の民家にとって
革命的なものでした。この小さい会社の小さい発電所にかける地元の期待は大きく、
それが、これら絵葉書と記念スタンプによく表れてます。

この時期、滋賀県内には多数の中小の発電会社が誕生していたようですが、
大正も半ば以降になると、京都電燈と宇治川電気の2社によって買収されていったようです。
この草野川電気株式会社もほどなくして吸収されたものと思われます。

古絵葉書・氷上郡上久下村営水力発電所

氷上郡上久下村営水力発電所
丹波市山南町にあるこの煉瓦の小さな発電所は、
大正11年に上久下村が建設した村営の水力発電所です。
当時隣町に電気が引かれたのを見た上久下村の人たちは
「わが村にも電気を」と切望し電力会社に掛け合いましたが、
中々実現に至らず、それならば自分たちで発電所を作ろうということになり、
村内の山林を売却した資金などを使い完成。
巨額の費用で完成したこの発電所は、村内に悲願の電気の明かりをもたらしました。
村の努力により完成したこの村営発電所は、昭和18年に関西配電(現・関西電力)
へ売却。戦後も使用されましたが、昭和38年に機器が故障してからは
この発電所は廃止となりました。
現在、この旧発電所の建物は老朽化が進んでいますが、
国指定の登録文化財に指定されて保存されています。
ちなみに、この発電所のすぐ下の川から話題となった恐竜である
丹波竜の化石が見つかり、現在も発掘がすすめられています。

古絵葉書・飛行第三連隊将校集会所

飛行第三連隊将校集会所
飛行第三連隊は、滋賀県八日市市に存在した陸軍の航空部隊です。
編成は昭和13年。航空機が発達して、航空戦力が重視され始めたことにより
各地に航空部隊が設立されたうちの一つです。
この絵葉書に写る洋館は飛行第三連隊の将校集会所です。
昭和13年設立ですので、比較的新しい陸軍の部隊なのですが、
将校集会所の建物は明治期の洋館のようなやや古風な様式的な洋館です。
クラブハウスとしての性格を重視したためでしょうか。
飛行第三連隊のあった八日市市には当然陸軍の飛行場がありました。
現在、八日市飛行場は存在しませんが、かつてのコンクリート製の大規模な掩体壕が
竹林の中などに2基ほど現存しているようです。

古絵葉書・大阪城跡絵葉書(9枚セット)

大坂城跡袋
現在大阪城公園として市民に親しまれている大阪城跡は
かつては第四師団司令部などが駐屯する陸軍の用地でした。
この大阪城は、第四師団司令部だけでなく城内全域が陸軍の施設だらけだった
一方で、史跡という性格からかほかの陸軍用地と違い一般にも開放されていました。
こういった絵葉書セットがお土産として第四師団の売店で売られていたのもそういった理由です。
今でも見ることのできる大阪城ですが、それでも空襲とかで焼失した建物も多く、
戦前の絵葉書は今では見ることのできない当時の大阪城の様子を知ることができます。
この絵葉書は9枚セットになっております。中身の絵葉書は続きを読むからご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・明治後期の手彩色大阪城西の丸(乾櫓・京橋口門・伏見櫓)

大阪城西の丸
明治43年の消印がある大阪城西の丸付近の手彩色絵葉書です。
写っている建物は、手前が乾櫓、真ん中の渡櫓門が京橋口門、
一番奥の三層櫓が伏見櫓になります。
現在の大阪城は豊臣期の大阪城を埋めた上に新たに築城された徳川幕府の城です。
そのため、櫓なども幕府普請で建てられた二条城や江戸城とよく似たデザインの
総塗込めの櫓となっています。
徳川大阪城は、豊臣期の大阪城と異なり落雷で天守を焼失した以外は幕末まで
大きな被害にあうことなく、多くの櫓群が存在しました。
しかし、鳥羽伏見の戦いでほとんどの建物を焼失。わずかに残った櫓や門も
終戦前日の昭和20年8月14日の空襲でさらにいくつか焼失し、
現在は櫓4棟と大手門と蔵しか残されていません。
(現在の天守は昭和6年築の鉄筋コンクリート造) 
特に一番奥に写る伏見櫓は鳥羽伏見の戦いで焼け残った唯一の三層櫓だっただけに
惜しまれるものがあります。この絵葉書に写る建物で現在もその姿を見ることができるのは、
一番手前の乾櫓のみとなってしまいました。

古絵葉書・天理中学校・天理小学校(現・天理高校・天理中学校)

天理
天理市にあった天理中学校と天理小学校の絵葉書です。
両学校は、天理教の経営する天理大学の付属の学校として設立されました。
神道系の天理教が経営しているためか、両者とも和風の校舎になっています。
現在、両校は戦後の学制改編により天理高校と天理中学校になっています。

古絵葉書・由良要塞司令部

由良要塞司令部
大阪湾防衛の目的で紀淡海峡周辺に設けられたのが由良要塞地帯で、
その司令部として洲本市に明治29年設置されたのが由良要塞司令部です。
この絵葉書は司令部の正門の写真です。敷地内には木々が植えられ、
軍の施設とは思えないのどかな環境のいい雰囲気になってます。
この司令部はもう存在しませんが、煉瓦造の要塞施設は現在もいくつか現存し、
特に友ヶ島の要塞は残りもよく見学することができます。

※関連記事
古絵葉書・由良要塞 加太地区 深山第一砲台
古絵葉書・鳴門要塞 門崎砲台もしくは行者ヶ岳砲台か

古絵葉書・西能勢村役場

西能勢村役場
大阪府の北西端、京都府の亀岡市と隣接している能勢町は、
昭和31年に歌垣村・田尻村・東郷村・西能勢村が合併してできた町です。
この絵葉書は合併前の戦前のもので、昭和10年代ごろのものと思われます。
小さな村の役場らしく、村役場も1民家のような小ささです。
西能勢村役場などで調べてみましたが、はっきりとしたことはわかりませんでした。

古絵葉書・神戸市内省線高架鉄道

神戸市省線高架鉄道
昭和初期になると、東京や大阪、神戸などの大都市ではすでに線路の高架が始まっていました。
この絵葉書は、神戸市内の高架の様子を撮影したものです。

古絵葉書・関西電気倶楽部

関西電気倶楽部1
関西電気倶楽部とは、東京中心の日本電気教会に反発した
関西支部が分離し、大正3年に設立した倶楽部です。
翌年、関西電気倶楽部は中央電気倶楽部へと名称変更しますので、
この建物は倶楽部の設立当初の初代倶楽部ビルと思われます。
このビルは昭和初期の段階で失われていますが、
3代目として建てられた昭和5年築の旧本館が現存しており、
会議室やレストランとして使用されています。

この絵葉書は元は袋入りのセットだったものと思われますが、
購入時はバラの状態で7枚入手しましたので、他にもあったかもしれません。

残りの6枚は続きを読むから御覧下さい。
続きを読む

古絵葉書・神戸海岸通

神戸海岸通
明治末期頃の神戸海岸通を写した手彩色絵葉書です。
中央の旗が翻る青っぽい建物は、香港上海銀行。奥のピンク色っぽい建物は
神戸オリエンタルホテルの建物で、ともに明治40年の完成です。
その2つの建物の間にはアメリカとイギリスの国旗が掲げられています。
領事館でしょうか。

古絵葉書・大阪造幣局

大阪造幣局
桜の通り抜けで有名な造幣局は、明治3年に大蔵省造幣寮として完成しました。
設計者はお雇い外国人のウォートルス。明治初期の本格的洋風工場として貴重な存在です。
一番左の煉瓦の建物は明治44年築の造幣局火力発電所(現・造幣博物館)ですが、
真ん中の貨幣鋳造所と右の泉布館は明治3年の建築で、設立当初の建物です。
左右の建物は現存していますが、真ん中の造幣寮鋳造所の建物は昭和3年に解体され、
玄関部分のみ保存され、そのときに建てられた公会堂の玄関に使われて現在に至ってます。
この絵葉書は明治末期から大正初期のものなので、まだ解体前の
鋳造所が写ってる絵葉書となってます。
現在、旧鋳造所玄関と泉布館は重要文化財に指定されています。

古絵葉書・大阪毎日新聞社

大阪毎日新聞
大阪毎日新聞社の本社屋だった建物で、昭和50年代までは現存していたようです。
大阪市の中心街ですが、昭和初期の当時はこんな風に瓦屋根の
日本家屋がほとんどだったんですね。
今でこそ、高層ビルが建ち並ぶ場所ですが、当時はこのビルでもかなり目立ったようですね。

古絵葉書・竣工セル五月橋正面

五月橋
奈良県山添村を流れる名張川に架かるトラス式鉄橋で、昭和3年に完成した橋です。
リベット打ちの鉄橋と立派な親柱が戦前の橋らしく重厚で、
当時は人々の目を引く橋だったと思われます。
絵葉書は竣工直後のものですが、この橋は現在も残っていて、
古びてはいますがしっかりと現役の橋として村の人々の生活の支えになっています。

古絵葉書・花菖蒲とウォーターシュート(あやめ池)

あやめ池
奈良市にあった、あやめ池遊園地の戦前の様子です。
今でこそ珍しくはないウォーターシュートですが、当時からあったんですね。
昔の人は水濡れ対策、どうしてたんでしょう。
戦前から続いたあやめ池遊園地も、平成16年に経営難から閉園してしまいました。

古絵葉書・俯瞰セル神戸港

大正期ごろの神戸港
恐らく、明治末期か大正期ごろの神戸港の絵葉書と思います。
奥にガータークレーンと汽船が写っている以外は、小型の汽船や帆船が停泊していて
のどかな風景になっています。

古絵葉書・和歌山県庁

和歌山県庁
昭和13年に建てられ、現在も現役の和歌山県庁です。
昭和10年代の建物の特徴である機能主義的建築ですが、それでも要所要所には
優れた装飾が施されています。
和歌山県庁正庁
県庁内の正庁。
正庁とは、重要な儀式や式典が行われる格式高い部屋で、
他の部屋より豪華に作られます。
明治期や大正期でしたら相当豪華なのですが、やはりこの時期の建物は簡素化してますね。
和歌山県庁議場
県庁内の議場。県議会が行われる場所です。
装飾がほとんどなく、かなり簡素なデザインになっています。

古絵葉書・餘部橋梁

餘部橋梁
鉄道ファンにとっても近代化遺産としても貴重な存在の餘部橋梁。
完成したのは明治45年。すでに100年近くを経てもなお現役でい続けられる強靭な鉄橋です。
現在も観光名所となっていますが、当時から相当目を引く鉄橋だったのでしょう。
現在、架け替え工事が計画中で、2007年春には開始されるそうです。
貴重な近代化遺産として、観光資源として残って欲しいと思うのですが。

古絵葉書・姫路第十師団司令部

姫路第十師団司令部
国宝・姫路城のふもとにあった師団司令部です。
明治前期まで主要な城郭は陸軍省の所轄でしたので、城の側には陸軍の部隊が置かれました。
金沢や大阪は今でも城郭の敷地内に師団司令部の庁舎が残っています。
あと、近衛師団司令部も江戸城北の丸に残ってますね。
絵葉書の建物は、さすが師団司令部庁舎だけあって大きな洋館です。
現在、第10師団司令部の庁舎はありませんが、煉瓦の兵器庫師団長官舎が現存しています。

古絵葉書・三ツ矢サイダー能勢工場

三ツ矢サイダー
今も昔も愛されている三ツ矢サイダー。
サイダーといえば、お年寄りも懐かしい思い出があるのではないでしょうか。
私も夏休みに家に置いてあったビンのサイダーをおいしく飲んだ思い出があります。
三ツ矢サイダーは明治17年から売り出された歴史ある飲料で、現在も売られている
最古参でロングセラーの飲料ですね。
この工場は兵庫県の能勢工場ですが、工場というより民家のようです。


<?php include_once("analyticstracking.php") ?>