category  [北陸・中部地方 ]

古絵葉書・小牧発電所

小牧発電所
富山県の庄川峡に昭和5年に建設された小牧ダムは
当時東洋一と謳われた巨大なダムでした。
小牧ダムは発電用に作られたダムですが、その発電を担ったのがこの小牧発電所です。
白亜の壁と機能主義的建築物はまさに発電所の建物。
現在も当時のまま現役で使用されており、現在の様子を見る限りほぼそのままのようです。
また、小牧ダムのほうも現役で、こちらは土木学会選奨土木遺産。
そして、国指定登録有形文化財にも指定されている貴重な近代土木遺産です。

古絵葉書・川岸村役場

川岸村役場
現在、長野県岡谷市となっている旧川岸村の役場の建物です。
昭和初期と思われる建物で、村役場の建物としては規模が大きく立派です。
続きを読む

古絵葉書・石川県立金沢病院外科大手術室

金沢病院外科大手術室
今回はちょっと異色の絵葉書を。
この絵葉書の写真は、石川県立金沢病院の外科手術室なんですが、よく見てください。
手術台に人が寝かされています。一見外科手術中のように見えますが、
学生らしき人たちは普通の学生服ですし、医師や看護婦さんもマスクをしていません。
恐らく遺体解剖の実習かと思われるのですが、こんな風景まで絵葉書になるなんて
ちょっと今じゃ考えられないですね。ちなみに、この絵葉書「使用済み」です。

古絵葉書 新潟県会議事堂

新潟県会議事堂
現在、重要文化財に指定され大切に保存されている新潟県会議事堂の建物です。
明治16年に建てられたこの議事堂は、議事堂で最古クラスのもので
明治前期に多く作られた擬洋風というべき洋館です。
古い明治10年代の建物が今でも見られるなんて素晴らしいことですね。

こちらで現在の姿を見ることが出来ます。


古絵葉書・山中温泉 河鹿荘

山中温泉河鹿荘

およそ「荘」なんていう言葉が似つかわしくないくらい豪華な洋館の建物です。
スパニッシュ風の大規模でおしゃれな洋館ですが、中央の塔屋はちょっとバランス悪そうですね。
展望台だったのでしょうが、幾分頭でっかちです。
この河鹿荘、絵葉書の洋館自体は現存していませんが、現在もしっかり営業しています。
ただし、河鹿荘の後ろに「ロイヤルホテル」と名前が付いて、
建物も立派な現代的なものになってますが。

古絵葉書・金華山頂ノ岐阜古城址天守閣

岐阜古城天守閣

織田信長で有名な岐阜城は、現在天守台の石垣上に戦後に建てられた模擬の天守が
そびえている事は結構有名ですが、今の模擬天守が2代目の模擬天守だということは
あまり知られていません。実は明治43年、今と同じ場所に木造で3層3階の天守が
建てられていた事がありました。
この絵葉書はその初代模擬天守を写した絵葉書です。
今の天守と比べてこじんまりとしたかわいらしい天守で御三階櫓ともいえるような天守です。
明治43年の建設以来、親しまれていたこの天守ですが、昭和18年に焼失してしまいました。
ちなみに、肝心のオリジナルの天守ですが、信長在城時代には天守があったという
確実な証拠は無いそうです。
江戸時代には廃城となった岐阜城ですが、
地元にとってはシンボルとなる天守が欲しかったのでしょうね。

古写真・敦賀連隊

敦賀連隊1

福井県敦賀市にあった連隊の駐屯地。私の祖父が仙台陸軍教導学校卒業後に赴任した連隊です。この写真は、その連隊の敷地の外の写真で、石製の柵が囲っていました。
この石製の柵は今でも一部残っているようです。奥には連隊正門も見えます。
わかりづらいですが、右手に看板が架かっている住宅があります。
これは、現在でもある「坂田写真館」で、松の木の奥にある看板には、
「写真 サカタ」と書かれています。
石柵沿いに桜が植えられ、見事な花を咲かせていますね。花見の名所だったかもしれません。
敦賀連隊2

連隊本部の建物。この敦賀連隊の敷地には、第19連隊と第119連隊があり、
第19連隊は明治31年設立。第119連隊は昭和15年設立の部隊でした。
この連隊本部の前にある連隊旗は真新しいものなので、昭和15年設立の第119連隊であると思われます。酒樽が置かれ、祭壇が設けられていることから、もしかすると連隊旗拝受の式典なのかもしれません。
敦賀連隊3

部隊の行進。中央やや左に連隊旗を掲げる旗手がいます。
連隊旗手は若い少尉が勤め、その横に連隊旗を護衛する下士官が付きました。その後ろには馬に乗ったおそらく大隊長とか連隊長といった連隊の幹部たち。そして各中隊が中隊長を先頭に行進しています。

*身内関係の資料ですが、建物や部隊全体の写真なので、北陸地方のカテゴリに入れました。

古絵葉書・山代陸軍療養所

山代陸軍療養所1

石川県加賀市に山代温泉という温泉地がありますが、
そこには、陸軍が所有する兵士の怪我・病気を治癒するための
施設がありました。山代陸軍療養所という陸軍病院なんですが、
軍も温泉の効能に着目して有効に利用してたんですね。
ちょっと知りませんでした。
山代陸軍療養所

療養所病棟の正面玄関。
陸軍も海軍もともに西洋のスタイルを
規範としてますから、当然施設の建物も洋館になるわけです。
そのせいか、いかつい軍の施設とは思えない華麗な洒落た
デザインの建物になっています。
師団司令部の建物なんかも中々オシャレです。
山代陸軍療養所3

療養所病棟の建物。結構規模が大きいですね。
建物の前には広場があるので、リハビリなどに使われたのでしょうか。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>